カテゴリー: 未分類 Page 1 of 22

中学校の準備を始めましょう ~受験の振り返りと心がまえ~

6年生の皆さん、入試お疲れさまでした。

大変な状況の中、皆さん本当によくがんばりましたね。

4月からの進学先も決定し、少し心に余裕が出て来る頃かと思います。

良い機会ですので、皆さんがそもそもなぜ中学受験をすることにしたのか、ぜひこの機会に思い出してみてください。

「合格したら、弁護士になる夢に一歩近づけるから」

「合格したら、中学のクラブで大好きなサッカーが思い切りできるから」

「大学受験をしたくなかったから」

「失敗しても、受験勉強で培った知識や学習習慣は今後に生かせると思ったから」

など、理由は様々だと思います。

しかし、いずれの場合も中学受験はあくまでも皆さんの人生を充実させるための通過点であり、最終ゴールでは無かったのではないでしょうか。

ですから、来たるべき中学校生活を存分に楽しみ充実させるために、今からぜひ少しずつ準備を始めてみてほしいと思います。

中学校生活では本格的な部活動が始まったり、教科ごとに担当の先生がいたり、能力別クラスがあったりと様々な点でこれまでと異なりますが、特に学習面において、これまでとは目指すところが変わってくるのが大きな特徴です。

皆さんがこれまで取り組んできた受験勉強は「合格」が目標でしたから、過去問で合格点(7割前後)を取れればOKでしたよね。

それが、今後は100点満点を目指す学習に変わります。

中学校に入ると学期末などに定期的に試験があり、そこで学習の定着度が測られます。

普段の授業をもとに作成されるテストですから、普段からしっかり授業を聞き、予習復習・試験対策を怠らなければ、満点に近い結果が出るはずなのです。

ですから、中学に入ったら、より確実で丁寧な学習が必要になります。

特に第3、4志望や公立の学校に進学することになった場合、初めは授業内容や試験が易しいと感じられることもありますが、油断して学習を怠ればあっという間に成績は転落します。

「こんなはずじゃなかったのに」「レベルの低い学校でやる気が出ないな」などと、もしも考えている人がいたら、今すぐ気持ちを切り替えましょう。

これから六年間通う学校で常に上位を目指すことを忘れず、「より確実に」「より速く」解けるように学習を継続していきましょうね。

出来れば入学式までに数学と英語の1学期分くらいは予習しておくくらいの準備をしておきましょう。

時間に余裕のある今のうちにしっかり予習をしておけば、気持ちの良いスタートが切れますよ。

また、せっかく中学受験をしたのですから、満足の行く結果だった人も、そうでなかった人も、今回の受験についてゆっくり振り返る時間を作って欲しいと思います。

「なぜ最後にグッと成績が伸びて合格できたのか」

「何が問題で落ちてしまったのだろう」

など、結果の善し悪しに関わらず、今回の受験を自分なりに考え、出来れば、それをご家族とも話してみましょう。

目的はあくまでも中学受験という貴重な経験を今後に生かすことです。

失敗の犯人探しをするような態度や、喧嘩を招くようなきつい言い方はお互いにやめましょうね。

反省点だけでなく、お互いにしてもらって嬉しかったこと、すごいなと思ったところ、良かった点などもどんどん話し合ってみてください。

思いやりを持って冷静に話し合えたら、たとえ合格という結果が得られていても反省点が見つかったり、不合格であったとしても、色々な面でご家族がサポートしてくださっていたことが判り感謝の気持が芽生えたり、たくさんの発見と学びがあると思います。

皆さんが今回の貴重な経験を活かし、中学校生活をより楽しく充実したものにできるよう願っています。

中学受験、不合格の我が子にどう接したら良い?

中学受験も終盤を迎え、進学先が決定した生徒さんも増えてきましたね。

コロナ禍での受験戦争は、ご本人も保護者の皆さんもあらゆる面で大変だったと思います。本当にお疲れ様でした。

まだ残りの試験が控えている皆さんもいらっしゃるかと思いますが、今日は既に受験を終えられた生徒さん、中でも残念ながら志望校に不合格であった生徒さんの保護者の方に向けてお話ししたいと思います。

受験を終え見事お子さんが合格を勝ち取ったのであれば、もういったん何も考えずワイワイお祝いをしたり、遅いクリスマスやお正月代わりのゆったりした日々を満喫したりとのびのび楽しめば良いのですが、望まない結果と向き合うことになった場合はそうはいきませんね。

落ち込んでいるお子さんを、どのようにケアしてあげたら良いのでしょうか。
そして、この不合格を今後に最大限活かすために果たして何が出来るでしょうか。
まずお子さんへの声かけ、心のケアについてですが、大切なことは、お子さん自身が現実を受け止める時間をきちんと与えてあげることです。

不合格が発覚したとき、ご自身もショックの余り、慌ててこんな発言をなさってはいませんか?

「頑張ったのだから良いじゃないか。切り替えて元気を出さなくちゃ!」
「落ち込んでいるの?ママは全然落ち込んでいないわよ、結果がすべてじゃないもの」
「さあ、明日から高校受験に向けてがんばろう!」
「◯◯ちゃんもダメだったんだって。落ちたのはあなただけじゃないわよ」
「お母さんも残念だわ。勉強を頑張り始めたのが少し遅かったわね。」
「だから『安全校』も受けた方がいいと言ったじゃない。あなたが選んだ道なのだから仕方ないけれど。」
などなど。

どれもご自身の気持ちのやり場がなかったり、ご本人を元気付けるためだったり、良かれと思っての言葉だとは思いますが、これらはどれもお子さんを追い込んでしまう発言です。

受験校の検討が甘かったこと、エンジンのかかるのが遅く合格レベルに達せなかったこと、落ちたのは自分だけではないこと、気持ちを切り替えて頑張らなければならないこと……。
どれもこれも、ご本人はもう痛いほど思い知り、判っているのです。

そんな現実を改めて周りの人間から諭されたくないことは、ご自身が何か失敗してしまった時のことを想像なされば、大人の皆さんも容易にご想像がつくと思います。

ではどうすれば良いかと言えば、上述の通り「お子さん自身が現実を受け止める時間をきちんと与えてあげる」ことです。
必死に励ましの言葉を考えたり、蕩々とお説教をしたり、ご自身の落ち込みをごまかして明るく振る舞う必要はありません。

今は静かにお子さんの気持ちを思いやり、お子さん一人の時間を作ってあげてください。
二人三脚(もしくは三人四脚)でここまで歩んできた皆さんの今のお気持ちは、何も言わずともお子さんに伝わります。
色々声をかけたいところをグッと我慢してあげる。しばらく余計な声かけをせず静かに見守ってあげることこそがお子さんへの最大の優しさであり、不合格体験を今後に活かす大切なポイントだと思います。

自分自身を静かに振り返る時間が出来て初めてお子さんは現実を受け止めることが出来ます。そして、いずれ次の段階として「なぜ志望校に落ちたのか」「これから自分はどうして行くか」についても考え始めることでしょう。

実際、中学受験は文字通り、合格だけが全てではありません。
この経験を生徒さん自身がしっかりと受け止め振り返ることで、不合格体験からも合格体験以上の学びと成長の機会を得ることができ、それが今後の成功の礎となるのです。

そして、お子さんがある程度現実を受け入れ、自分自身の受験生活について振り返り、今後について考えることが出来始めたら、ご本人が進学することになった学校について、ぜひ一緒に話してみてください。

偏差値だけの受験校選びをしていなければ、皆さんの進学することになった学校は「ここは良い学校だな」もしくは「通っても良いな」と思えた学校のはずです。

中学受験で第1志望に合格出来るのはたった3割のお子さんで、殆どの場合は第2志望以下に進学します。
大切なのは、ここからどう伸びていくかです。

ですからお子さんが今回の受験を振り返っている間、保護者の皆さんはぜひお子さんが4月から通うことになった学校について良いところを改めて見直しておき、
「良い学校に決まって良かったね」
「ここはあなたの入りたい◯◯部の活動が盛んだから楽しみだね」
「家から20分で通えるから自由な時間がたくさん出来るね」
「ここはタブレット端末を生徒一人に一台貸与してくれるんだよね。ICT教育に力を入れていて、あなたたちの時代にぴったりだね」
などと、言葉にしてお子さんに伝えてあげてくださいね。

信頼する保護者の方の前向きな発言こそが、お子さんの新生活のモチベーションとなり、4月からの中学校生活を楽しみにさせてくれることと思います。

決して、「残念な学校へ通うぼく、わたし」というイメージで春を迎えることがありませんように。

これまでにも何度もお伝えしていますが、”全ての子どもにとって最も良い学校”などというものは存在しません。
“良い学校”とは、そこに通うお子さんにとって居心地が良く、日々前向きに楽しく勉学や部活に励むことができる環境が整っており、友人に恵まれる学校生活を送れる場所ではないでしょうか。

それは自分のモチベーションの持ちようによっても変わってきますし、実際に通ってみなければ分からないものです。

中学受験は合格を目標にやってきたのですから、もちろん第一志望合格こそが最高の結果であり、努力してきた皆さんへのご褒美といえます。
しかし、繰り返しになりますが、たとえ不合格となっても、その失敗体験からお子さんが多くのことを学び取り、自分自身を変革し、今後の人生に活かすことが出来たならば、それは大きな「成功」となり得るのです。

全ての受験校に不合格となり公立中学に進学する人も、その良い点を見つけ、活かしましょう。
公立小学校に通う場合、家から近い分学習に費やせる時間は多くなりますし、教育費も私立進学よりずっと少なく済みますから、その分を今後の学習を支える塾代や家庭教師代に回すこともできるでしょう。

中学受験にチャレンジした生徒さんはそうでない生徒さんに比べ知識が豊富で学習習慣も身についていますから、入学後もしっかり努力を続けていれば、公立中学で3年間トップクラスの成績を取り続け、大きな自信を得ることも出来るでしょうし、学校推薦の道が拓ける場合もありますね。
進学先には小学校の友達も数人いるでしょうから、初めのうちは特に心強いかもしれません。

また、指定区内から通いたい中学校を選べる「学校選択制」が利用できる地域もありますから、その場合はよくホームページなどを確認し、お子さんにあった中学校を一緒に選んであげてくださいね。

どんな結果であれ、受験生の皆さんが与えられた現実をしっかりと受け止め、この経験を人生の財産としてよりいっそう輝いて行けることを心から願っています。

本番に向けて ~受験当日の服装~

先日関東では思いもかけない大雪が降りましたね。
受験生の皆さんは、凍った地面で転んだり、風邪をひいたりしませんでしたか?

この冬は震え上がるような寒さの日が少ないように感じますが、ラニーニャ監視速報によると「ラニーニャ現象は続いているとみられる」と発表されており、今週も東日本で平年より低い気温になる確率が60%、西日本でも70%と予想されています。

今年の「大寒」は120日で、特にこれから立春の24日頃までは一年で最も気温が低くなりますから、試験当日もかなり冷え込んだり雪が降ったりするかもしれませんね。

そこで今日は、入試当日の服装についてお話したいと思います。

試験当日、身体が冷えないよう暖かくして出かけるのはもちろんですが、入試会場である教室の中まで寒いとは限りません。
席によっては外と変わらないくらい寒いこともありますが、むしろ暖房で温度が上がり過ぎていて、試験中眠くなってしまったり、汗だくで集中できなかったりすることもよくあるので注意しましょう。


おすすめの服装は、どのような環境でも温度調節がしやすい「重ね着」スタイルです。

着慣れた長袖Tシャツにトレーナーやフリースを重ねるなど、脱ぎ着しやすく腕や身体が窮屈でない格好が良いでしょう。

首周りがチクチクするものや、締め付けが強めなものも、緊張する場面では気になることがあるので避けておきましょう。

面接がなければ特にかしこまった服装である必要はありませんから、襟付きのシャツやブレザーなどを着る必要はありませんよ。


ただし、あまりにも常識外れで奇抜な格好は避けましょう。

学校側は入試要項などで、服装は直接合否と関係しないことを表明している場合が多いですが、あまりにも目立つ格好では、周りの視線に自分自身が落ち着かなくなるかもしれません。

過去に気合いを見せるため裸足に下駄で行った、半袖で行ったという人もいましたが、風邪を引くだけですからやめましょうね。

また、現在ほとんどの面接やグループ面談は新型コロナウイルス感染症予防のため中止されていますが、もしも学科試験に加え面接もある場合は、普段より少しフォーマルな格好を意識すると良いと思います。

参考になるのは卒業式や学校見学の際の服装です。

女子ならワンピースや、ブラウスに紺やグレーのブレザーやカーディガン、スカートの組み合わせが定番です。

スカートを好まない場合や寒い場合はもちろんズボンでも構いませんし、黒のタイツを着用する生徒さんも多いです。

男子はシャツに紺やグレーのブレザーと長ズボンの組み合わせが定番です。

ネクタイを締める場合は上着と同じ色のベースに、グリーンやエンジ、黄色などのストライプが入ったものがよく選ばれています。

また、男女とも通っている小学校の制服があるならば、普段着慣れているので非常に良いですね。

靴は革靴がですが、落ち着いたカラーのスニーカーでも構いません。

服も靴も、当日初めて身に付けるのではなく、出来るだけ数回着たり履いたりしておくと、リラックスして本番に臨めるのでおすすめですよ。

ちなみに保護者同伴の場合、保護者の方はナチュラルメイク・紺やグレーなどの落ち着いたスーツスタイル・お子さんと統一感のある服装を意識すると良いと思います。


最後に、当日忘れないように気をつけたいものや、持っていると便利なものについてお話します。


当日忘れてしまいがちなもの

・ハンカチ、ティッシュ

・上履き
・時計
特に上履きは普段持ち歩かないので忘れがちです。学校から指示がある場合は必ず早めに用意し、当日忘れないよう事前にかばんに入れておきましょう。

当日持っていると便利なもの

・ホッカイロ

・替えのマスク・のど飴

・ゴム・ヘアピン

・折りたたみ傘

・替えの靴下、(革靴の場合)行き帰り用の履きなれた靴

ホッカイロは、上着を着るほどではないけれど足元やお腹が冷えてしまった、というような場合にポケットに入れたりお腹に貼ったり出来て便利です。

少しかさばりますが、カイロが苦手な人は薄いひざ掛けを持って行くと良いでしょう。

ゴムやヘアピンは、試験中や面接時、さっと髪を押さえられて便利です。

替えのマスクやのど飴は、風邪や感染症の予防、ノドの乾燥対策にあると安心ですね。

大雨や雪など悪天候の場合は替えの靴下があると困りませんし、そうでなくても、革靴着用の場合は行き帰り用のスニーカーがあると歩きやすくて良いですね。

試験当日をリラックスした気持ちで迎えられるよう、服装や必要なものの準備はぜひ早めに整えておきましょう。

受験生のさんが、当日いつもどおり実力を発揮できることを心から祈っています。

受験生が避けたい食べものって?

食べものの美味しい季節ですね。

以前こちらで受験生におすすめの食べものについてお話しました。

今日は、受験直前期の皆さんに『避けてほしい食べもの』についてお伝えします。

直前期である12月~1月は、急激に寒さが増して身体が冷えやすい時期です。

「冷え」は風邪を始めとする万病の元ですから、この時期は特に身体を冷やす食べものに注意しましょう。

具体的には、バナナ、柿、ナス、小麦、ごぼう、大根、胡瓜、トマト、緑茶、塩、白砂糖などが身体を冷やす食材と考えられています。

根菜は身体を温めると言いますが、ごぼうや大根は例外ですから、摂り過ぎには気をつけてくださいね。

次に気をつけたいのは刺激の強い食べものです。

受験直前期は誰しも神経質になったり、不安や緊張に苛まれたりするものです。

普段は何でもない食べ物でも、緊張やストレスによる胃液の分泌低下などが原因でお腹を壊したり胃もたれしたりしがちですから、刺激の強い食べものは避けておくのが良いでしょう。

具体的には、唐辛子などの香辛料や甘味料が大量に使われているもの、塩気や酸味の強いもの、嗜好飲料(炭酸飲料、コーヒー、濃い緑茶など) です。

少量のカフェインは眠気対策に有効ですが、以前お伝えしたように過剰な摂取は胃酸過多による胃痛やカフェイン中毒につながりかねません。

また、緑茶は身体を冷やす性質もあるので特に気をつけましょう。

食中毒予防の意味でも、本番一週間前くらいからは生ものも避けておくと安心ですね。

最後に、脳やメンタルの観点から気をつけたい食べもの、つまり、集中力を阻害する食べもの・眠気や不安感を引き起こす食べものについてお話します。

具体的には、血糖値を急上昇させる高カロリー食品(かつ丼などの揚げ物・カレーライス)・過度な精製食品が使われているお菓子(ドーナッツ・ポテトチップス)などです。

ブドウ糖が脳の栄養源になることは以前お話しましたが、急激な血糖値の上昇は「シュガーハイ」と言って、一時期的には満足感や興奮を得られるものの、脳にも身体にも大きな負担を与えます。

そして、急激に上がった血糖値はしばらくして、今度は急下降するのです。

この「シュガークラッシュ」により、わたしたちは強い眠気に襲われたり、大きな疲労感や不安感に迫われたりすることが判っています。

このような状態は、試験や学習時の集中力維持や心の安定の大きな妨げとなります。特に受験当日は避けるようにしましょう。

もちろん、大好きなカレーやかつ丼を我慢すること自体が大きなストレスになっては本末転倒ですから、食べたい時は頻度や量を加減しながら美味しく食べてくださいね。

食べものは命・健康の源です。

時には気分を上げてくれる激辛カレーやお砂糖たっぷりのドーナッツ、大盛りのかつ丼も良いけれど、「腹も身のうち」(腹も身体の大事な一部だから暴飲暴食は控えよう)、「医食同源」(日常の食事に気を配ることが一番の病気の予防)ですね。

特に受験直前期は、普段無意識に口にしている食べものにすこし気を配り、疲れた心と身体をいたわる食材を取り入れるよう心がけてくださいね。

良い食事と睡眠がとれていれば、心も身体も快調になり、頭もよく働くものです。

運動不足になりがちな時ですから、勉強の合間には身体に優しいおやつに加えて、ぜひ散歩や簡単なストレッチもいかがでしょうか。

皆さんの年頃は成人よりも汗をたくさんかきますから、十分な水分補給もお忘れなく。

以前お伝えした受験生におすすめの食べものもひとつの参考に、受験生の皆さんが心も身体も健やかに残り2ヶ月を走り抜けられることを願っています。

新型コロナウイルス感染症対策、大手集団塾の現状は?

新型コロナウイルス感染症対策による緊急事態宣言が明け、街や店には人気が戻りつつありますね。

しかしながら、感染者減少の理由は明らかになっていません。
専門家によれば現段階でその特定は難しく、今のところは「ワクチンの普及」、「各自の感染防止対策徹底」、「涼しくなり全国的に換気が積極的に行われるようになったこと」「降雨により外出機会が減ったこと」などの仮説が検討されているそうです。

中学受験生にとって、ここから本番までの4ヶ月は最後の大逆転・大跳躍が望める大切な時期です。
感染者減少のニュースは喜ばしいですが、理由がはっきりしない以上いつまたリバウンド(感染再拡大)が起こるとも限りません。
引き続き日頃の感染対策をしっかり行い、体調に気をつけていきましょうね。

さて、コロナ禍の追い込みシーズン、各塾の対応はこのような状況です。(10月6日現在)

○SAPIX(サピックス)……集団対面授業を現行。職員はマスク着用・手洗い・手指消毒・検温等を徹底し、教室内は机・椅子・備品を消毒剤を用いて毎日清拭消毒を実施。授業時は定期的な換気と可能な限りのソーシャルディスタンスの確保を心がけている。中学部ではオンラインも導入しているが、現在小学部でオンライン授業配信は行っていない。

○早稲田アカデミー……9月1日より当面の間、集団対面授業をすべて停止し、Zoomによる「双方向Web授業」に全面的切り替えることが公表されていたが、現在は対面授業といずれか選択可能となっている。

○四谷大塚……対面授業現行。37度以上の発熱がある場合は入室禁止。生徒を含めた全員にマスク着用義務有り。入退出時の手指消毒徹底。PCなど備品の定期的な消毒・1時限に1回の換気などの感染対策を行っている。
自宅でのオンラインIT授業受講も可能ではあるが、「仲間と互いに励まし合い、競い合うことによって、自宅で一人で受講・演習するよりも、はるかに多くの学習量と学習効果を得られることが経験則でわかっている」ため奨励はしていない。

○日能研……集団対面授業を現行。ホームページにて各教室の感染状況を随時公開している。教室の30分ごとの換気、常時空間除菌機器、加湿器稼動、スタッフのマスク着用徹底、生徒の来室前の体温計測・手洗い・くしゃみや咳がある場合可能な限りのマスク着用の励行、などの感染防止対策を講じている。希望者にはオンライン授業配信も可能。

○ena……正職員500名のワクチン接種率は約9割。ワクチン接種を希望する保護者にも接種を実施し、今後は希望の生徒への接種も計画している。
校舎では換気、消毒、職員の常時マスク着用を徹底。
「ダブル学習システム」として、対面授業+単方向映像授業を融合させた指導を行っており、通学に不安がある場合は自宅で単方向映像授業を視聴することも可能。
生徒は校舎内ではマスクの上に校舎より配布されるマウスシールドを着用。
面談等はアクリルボード越しに変更。合宿も感染対策を徹底して実施する。

コロナ禍の中学受験。
各塾の対応もそれぞれの理念・方針によって、実に様々です。
今年、感染拡大下の中学受験における各学校の対応が話題になりましたが、同様に、各大手中学受験塾の対応スピード、感染状況の実情、柔軟性などからも、IT化の本気度や生徒たちへの誠実さが垣間見えるかもしれません。

いずれにせよ、皆さんそれぞれが安心・納得して学べる学習環境を選び、この大切な時期を充実させられるように願っています。

秋の虫たち、「鳴き声」のひみつ

大空に響き渡っていたセミの大合唱も嘘のように消え、残すはツクツクボウシの小さな歌声だけになりました。

夜、耳をすませば鈴虫や青松虫たちの涼やかな歌声も聞こえてきますね。
さて、今彼らの奏でる音を「歌声」と書きましたが、中学受験生の皆さんは彼らがどのように鳴くか知っていますか?

たとえば河川敷や公園でよく見かけるスズムシ。
「リン・リン・リン……」と秋に鳴く虫の代表格ですね。
スズムシはその名の通り鈴のように美しい音を奏でてくれますが、この音色は正確には「声」ではありません。

スズムシやマツムシを飼ったことがある人は分かると思いますが、彼らの美しい音色は口ではなく、翅をこすり合わせることで生まれています。

秋の虫は春に卵から孵化しますが、その時の翅はまだ弱々しく、とても「鳴く」ことは出来ません。
真夏になると彼らは幼虫から成虫になり翅も十分に発達しますが、秋の虫は暑さに弱いため、まだ鳴く事はできません。
そして夏の暑さが和らぐ9月上旬頃、ようやく彼らは美しい音を奏で始めるのです。

「おーい、ぼくはここだよ」「結婚しようよ」
多くの秋に鳴く虫は、オスだけが鳴きます。

目的は恋人探しやプロポーズ。
だから、虫かごの中などで初めからつがいで飼われている場合は、野生で恋人を探している彼らとは違う鳴き声になる場合もあります。
たとえばスズムシは野生なら「リン・リン・リン……」と鳴きますが、パートナーがいる虫かごのスズムシは「リー、リー、リー……」と穏やかに鳴いていますね。

また、これはちょっと意地悪な実験ですが、わざとオス同士を虫かごに入れると、彼らはお互いに自分の場所を守ろうとけん制し合って、強い鳴き声を出します。

そうしてめでたくお相手を見つけた虫たちのメスはやがて土の中に卵を産み付け、秋の終わりにみんな死んでしまいますが、そこからまた新しい命が育ちます。
卵は寒い冬を土の中で乗り越え、春にはまた幼虫となって顔を出してくれることでしょう。

もちろんお家でスズムシやコオロギを飼う場合も、オスとメスを2,3匹ずつ一緒に育ててあげると、うまくいけば春には幼虫が生まれますよ。
捕まえる時は翅がやぶれたり折れたりしないように、そっと虫取り網で捕まえましょう。

かごに移すときも、指で掴まず網から直接入れてあげるのがおすすめ。
狭いところに大勢いるとストレスがかかるので、かごの中はオスとメスを合わせて4~5匹くらいが良いですね。

かごの中に卵を産めるよう赤土を5センチくらい入れて、石や木の板で隠れ家を作ってあげたらお家の完成です。
ナスやかぼちゃなどの野菜をよく食べますが、金魚の餌なども喜びます。
暑いのが苦手なので、虫かごは玄関などの涼しい日陰におき、土が乾いたら霧吹きでしっとりと湿らせてあげると、虫たちはいっそう元気になりますよ。

飼うのは難しい皆さんも、ぜひ今夜はお散歩に出かけてみてください。
涼やかな風を頬に感じながら、ゆっくりと秋の虫の音色を楽しめるこの季節のお散歩は格別です。

身近な草むらでも、十分リラックス出来ると思いますよ。

木の上から「リリリリリ……」と聞こえるのは、アオマツムシ。
「ルルル……」と草むらから聞こえるひときわ美しい声は、カンタン。
夜だけでなく昼も「ギース、チョン!」と歌っているのは、キリギリス。
「スイッチョン」という風変わりな鳴き声の主は、ウマオイです。

秋の虫たちの美しい歌声が、今日も1日がんばった皆さんの心を癒やしてくれますように。

8年ぶりって何だったの?~中秋の名月とは~

先日は8年ぶりの「中秋の名月」がきれいでしたね。

時々雲に隠れて夜空が真っ暗になったり、そうかと思えばまた明るいお月さまが顔を出したり……

風が強い夜だったので、雲の流れで景色が移り変わる様子も味わいがありました。

ところで、こんな質問がありました。

「確かにきれいな満月だったけど、何が8年ぶりだったの?」

「月の満ち欠けは29.5日で、9月の満月は毎年あるよね?」

「そもそも中秋の名月ってなんだっけ」

……というわけで、今日はそんな話をしようと思います。

まず「中秋の名月」というのは「9月の満月の日」のことではありません。

昔は月の満ち欠けをもとに1ヶ月の日付が決められていて、それを今では「旧暦(太陰太陽暦・陰暦)」と呼んでいることはご存知ですね。

今でも俳句の季語は旧暦をもとに分類されますから、中学受験生の皆さんには親しみのあるものだと思います。

「旧暦」と現在の「新暦」とは約1か月のズレが生じるので、私たちの肌感覚とは少し異なっています。

国語の「次の俳句の季節はいつですか」という問題で苦戦する人も多いのはそのためですね。

(受験によく出る季語では、「椿」は春、「麦秋」は夏、「七夕」は秋、ほかに「落ち葉」や「小春日和」は冬、といったものがあります。覚えておきましょうね!)

さて、話はそれましたが、その「旧暦」における秋の真ん中(中秋)が8月15日です。

もともとその日は中国で「月をまつる日」とされていて、日本にもその習慣が平安時代に伝わり、貴族の間に広まっていったとされています。

(ちなみに、中国では現在も旧暦8月15日が大切にされ、「中秋節」という国民の祝日になっています。

親戚や友達が集まって挨拶したり、家族が集まって団らんの食卓を囲んだりする、春節の次に大切な日ですよ。)

つまり、もともと「中秋の名月」は旧暦815日の夜に愛でる満月のことでした。

現代の「新暦」は月の満ち欠けによりませんから、旧暦で決まる「中秋の名月」は、毎年違う日付になります。

たとえば今年以降は、

2021……921
2022……910
2023……929
と言った具合です。

「中秋の名月」と現代の満月が必ずしも同じタイミングになるとは限りませんから、それが一致したのが8年ぶりだったということですね。

とはいえ、先日の記念すべきお月さまを見逃した人も安心してください。

実は来年・再来年も、「中秋の名月」の日は満月です。

ええ~!?あんなにニュースになっていたのに!と、なんだか拍子抜けですね。

けれど、それを逃すと次に暦が一致するのは2030年ですよ。

中学受験の日々は過酷なものですが、時にはのんびり夜空を眺めたり、早朝の公園を散歩したり、身近な自然に触れてみてください。

きっとのびのびした気持ちや、心のやすらぎがよみがえってきますよ。

季節の変わり目ですから、薄手の上着をわすれずに。

皆さんが心も身体も健やかに、みのりの秋を迎えられるよう願っています。

日本が変わる?! 総裁選に注目しよう

中学受験生の皆さんこんにちは。

突然ですが、皆さんは日本の現首相のフルネームを正確に言えますか?

答えは菅義偉。カンでもヨシイでもガースーでもなく、「すがよしひで」ですね。

中学入試の時事問題は基本的に秋頃までのニュースから出題されます。

先日コラムでお話した東京2020オリンピック・パラリンピックと合わせて、9月29日に予定されている自由民主党総裁選挙に関するニュースもしっかりチェックしておいてくださいね。

さて、ここで社会科のおさらいです。

民主主義国のリーダーの選び方には2種類あったのを覚えていますか?

アメリカのように国民が直接リーダーを選ぶことができる大統領制に対し、日本がリーダーを選ぶ仕組みはどういうものでしたでしょうか。

・・・・・・はい、その通り!

日本の制度は議院内閣制といって、国民が直接リーダーを選ぶことは出来ませんね。

また、日本には「天皇」が存在していますが、天皇はあくまでも「日本国の象徴」であり政治には携わることがないことも合わせて思い出しておきましょうね。

実際に日本の政治を行うリーダーは「内閣総理大臣(首相)」と呼ばれ、国会議員の中から、衆・参議両議員の投票によって間接的に選ばれます。

ですから、国会で最も多く議席を持っている党のリーダーになることが出来たら、日本ではそのまま国の政治のリーダー、つまり首相になれるというわけでしたね。

今度の総裁選で日本の新たな首相が決まると、10月もしくは11月に総選挙もあります。(衆議院議員の任期=4年というのも覚えておきましょう)

新しい政党が誕生したり、与党が入れ替わったり、日本の政治が大きな変換点を迎え得るポイントですから、今回の総裁選・総選挙には日本中の注目が集まっています。

ここで、簡単に総裁選について確認しておきましょう。

総裁選は党のリーダーを選ぶ選挙ですから、今度の総裁選はもちろん自民党の国会議員のみに投票権があります。

今回の場合、衆議院・参議院合、そして約113万人の自民党員が投票する予定です。

投票の結果、過半数の票を獲得する人物が現れた場合はすんなり自民党総裁が決まるわけですが、もしもそのような人物が現れない場合は、決選投票が行われます。

(決戦投票の仕組みにおける1票の重み・格差については問題点が指摘されています。ぜひテキスト等でチェックしておいてくださいね)

最後に、総選挙についても少しおさらいしておきましょう。

総選挙が行われるタイミングは二つ。

一つは任期満了によるもの、もう一つは衆議院の解散によるものでしたね。

今度の総選挙が10月もしくは11月に行われると書いた理由は、そのどちらの可能性も考えられるからです。

現在の衆議院議員の任期満了は10月21日です。これに伴い総選挙を行うならば、その期日までに実施しなくてはならない決まりがありますから、10月17日(日)の開催が有力と言われています。

任期完了前に衆議院を解散し、それに伴い総選挙を行うならば、衆議院の解散からは40日以内に選挙を行えば良いという決まりがありますから、たとえば任期満了前日の10月20日に解散した場合、最も遅くて11月28日(日)に投票日を設ければ良いわけです。

果たして、「後手後手のコロナ対策」と批判され、内閣支持率もガタ落ちの中、現与党はどんな作戦で出てくるでしょう。

現在総裁選に立候補を表明しているのは岸田前政務調査会長、河野規制改革担当大臣、高市前総務相、野田幹事長代行の四人。

石破元幹事長は11日の演説で「納得がいかないまま拙速に決めることも避けたい」と出馬の可能性も残していましたが、やはり不出馬との表明がありました。

野田聖子幹事長代行も立候補に必要な20人の推薦人を確保し、立候補に間に合いました。

決選投票は避けられないと見られる総裁選と、総選挙。

さて、皆さんは最終選挙結果をどう予想していますか?

ぜひ、関心を持って総裁選ニュースをチェックしてくださいね。

夏休み、残り2週間をどう過ごす?

長かった夏休みもあっという間に残り二週間となりました。

(あと一週間、という地域もありますね)

夏休みが明けるといよいよ本番まで5ヶ月を切るわけですが、この夏を振り返ってみて、皆さんはいかがでしたか?

「我ながらよくがんばった」という人、「うまく時間を使えなかった」という人、様々だと思います。

やり残した事があれば、残りの期間で諦めずやりきりましょうね。

受験生の皆さんは夏休み後半戦も、夏期集中志望校錬成などの特訓講習はもちろん、日々の課題に、宿題に、過去問演習に……とやることがてんこ盛りだと思いますが、夏休みに最も大切なことは日々の「復習」です。

夏の終わりには模試が目白押しですが、実はそこで「あれ?」となる人が毎年たくさんいます。

「毎日塾に通っていたのに!」「過去問をあんなに解いたはずなのに!」

となってしまう原因の多くは、「復習不足」。

ただ漫然と講習を受けたり、試験問題を解いたりするだけでは、アウトプット出来る実力は付きません。

もしもあなたが、夏期講中の日々の復習が不十分だったと思うのならば、今からでも遅くはありません。

ひとまず最も気になる·苦手だと感じる科目だけでも、ぜひ復習してください。

間違った問題を全てやり直す必要はありません。

まずは、いつもお話している宿題の取捨選択と同じように、間違った問題を3段階に分けてみましょう。

◯・・・もう出来る、簡単だと感じる

△・・・ちょっと難しいけど出来る、がんばれば出来るようになりそう

···分からない、難しい

こうして分けたら、△の問題を中心に復習するのです。

時間があるならばにもチャレンジすると良いですが、今回は残り時間がありませんから、△のみ行いましょう。

もしも少し時間が余りそうならば、問題の復習より、△問題の類題に取り組むと良いですよ。

数字や切り口の異なる類題で演習を積み重ねることで、△問題を○問題に変えることが出来ます。

こうして初めて実際の模試や受験で「解ける」実力が身に付くのです。

テキストの問題のどれが△問題の類題に当たるか判らない場合は、保護者の方や塾·家庭教師の先生に「この中のどれが同じパターンの問題ですか?」と聞いてみましょう。

最終的には自分でそれを見つけられるようになるのが目標ですよ。

繰り返しになりますが、夏休みの残りの期間、ぜひ取り組んでほしいことは復習、つまり、もう少し頑張れば理解出来る問題を理解し、テストで得点できる問題に変えることです。

ただでさえしんどい場面の多い受験生の夏。

コロナ禍で常に緊張感を強いられる中での塾通いは気疲れも倍増しますし、外食や行楽でリフレッシュすることすらままならない夏休みは辛いですよね。

入試説明会やイベントが中止になったり、人数制限で参加が叶わなかったり、どのご家庭でも様々なことが思い通りにならず焦りがちな毎日だと思います。

学習時間が十分取れず「9月を迎えるのが不安」という声も、「志望校さえ決めきれていない!」という焦りの声もたくさん聞こえていますが、もしも自分が不安や焦りに飲み込まれそうになっていることに気がつけたら、そこでいったん考えるのをストップしましょう。

マイナス思考のスパイラルに入ってグルグルしていても良いことはありません。

そんな時はいったん机を離れ、伸びをしたり、お茶を飲んだりしてみましょう。

ますます猛威を振るうコロナ禍の現状のもと、不安に飲み込まれそうになることもあるかもしれませんが、そんなときこそ「今やれること·やるべき課題」に視点を移すことが大切です。

8月、あなたがやり残した課題はなんですか?

皆さんが夏休みの残りの期間を、前向きな気持ちで走り抜けられることを願っています。

時事問題 オリンピックが狙われる!