MENU

中学受験の塾選びをフルサポートする塾ソムリエ西村則康のホームページ

塾ソムリエ西村則康
TOP →  コラム →  その他、お知らせ →  出版しました →  できる子の筆箱は...

コラム

できる子の筆箱は...

2019年12月24日 17:27
いろいろなところで、鉛筆の持ち方のお話をしているのですが、これは単に「正しい持ち方をすべし」というだけのことではありません。
正しい持ち方は言い換えると「普遍的に速く、無理なく書くために考えられてきた結果としての持ち方、とも言えるかもしれません。
子どもたちに鉛筆を正しく持ってほしいのは、その持ち方がいちばん書きやすく、疲れにくい持ち方である可能性が高いと思うからです。
自分の考えていることを書いて表す、ということは大切です。
誰かに伝えようというときにも大切ですが、そうでなくても自分で書きながらそれを見ることで、今何をしているかを意識できるし、その次の思考へとつながっていくと思っています。
デジタル機器が便利に発達して、書かなくても問題を解き進められるツールも出てきているようには思いますが、やはり「自分で書く」ということは「考える」ということに直結しています。
経験上、思考力がどんどん伸びる子というのは、たくさん書くことができる子が多いです。
どんどん書けるから思考も広がり、新たな糸口が見つかったりひらめいたりする。
そしてたくさん書くということを考えると、シャープペンシルよりも鉛筆のほうが疲れが少ないと考えて、小学生の子どもたちには鉛筆をすすめています。
また、たくさんのシャープペンシルや蛍光ペンなどで筆箱がお弁当箱のようになっているお子さんがいますが、私の感覚では文房具で満杯の大きな筆箱を持っているお子さんというのは、成績の伸びがよくありません。
一斉授業の塾で教えていたときによく目にしていましたが、文房具を選んでいる時間が結構長いのです。
学校や塾の先生が黒板(あるいはホワイトボード)に書くときに使う色は、せいぜい3色とか4色です。
それを写すのに、何十本ものペンは必要ありませんね。
できる子は、先生が何色を使ったら何色のペンで写すかなどが決まっていて、文房具を選んでいる時間が無い子です。
冬休み、基本的な勉強のしかたを見直してみるいい機会かと思います。
ぜひお子さんの書く様子を観察し、より「できる子の書き方」に導いてあげてください。
ちなみに12月21日に新刊「難関校合格のすごい勉強習慣」が発売となっています。
上記のような話よりも更に突っ込んで「できる子の勉強法」を解説しています。
興味がある方は、手にとってみてください。
https://www.e-juken.jp/amacam/20191220/meimon.html
うちの子だけの合格マニュアル
  • 名門指導会 - 必ず結果を出す家庭教師集団
  • かしこい塾の使い方 - 中学受験に関する相談はこちらから
西村則康プロフィール

日本初の「塾ソムリエ」として、活躍中。
35年以上中学・高校受験指導一筋に行う。
コーチングの手法を取り入れ、親を巻き込んで子供が心底やる気になる付加価値の高い指導が評判である。

西村則康 写真

セミナー・講演会

▼2019年10 月11日(金)

淑徳与野幼稚園が主催する講演会「父母講座 我が子への根拠の無い信頼の大切さ」にて、講師を担当させていただきました。

▼2019年3 月2日(土)

マイナビ家庭教師・「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」・名門指導会が共催するセミナー「6年間を成績上位で過ごすための新中1スタートアップセミナー」にて、講師を担当させていただきました。

▼2019年2月21日(木)

「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」・名門指導会が共催するセミナー「2019年入試分析からみる2020年入試対策」にて、講師を担当させていただきました。

▼2018年10月25日(木)

東京都市大学付属小学校主催の文化講演会にて「中学受験―結果につながる 家庭学習&塾の活用法 〜日常生活の延長線上での受験〜」、というテーマで登壇させていただきました。

過去のコラム一覧

Copyright © 塾ソムリエAll Rights Reserved.