MENU

中学受験の塾選びをフルサポートする塾ソムリエ西村則康のホームページ

塾ソムリエ西村則康
TOP →  コラム →  学年別 →  小6向けアドバイス →  6年生が冬休みまでにすべきこと

コラム

6年生が冬休みまでにすべきこと

2019年11月14日 10:29
11月ももう中旬、冬が近づいています。
6年生は、いよいよ「勝負の冬」です。
緊張感が高まっているお子さんもいるのではないでしょうか。
あとひと月あまりで冬休みです。
冬休みは特に、お子さんによって「今何をすべきか」が大きく違ってきます。
今、自分の状態はどうなのか。
それをお子さん自身も意識してほしいと思います。
たとえば、志望校受験に向けて比較的に順調に仕上がってきている、という自覚がある場合、やるべきことは「穴埋め」です。
自分にとっての弱点は何かを考え、それを1つでも2つでもつぶしていくこと、これが合格をより確実にするための戦術です。
でも、今ひとつそんな状態ではない、という場合(実は、多くのお子さんがそうだと思います)、やるべきことは弱点補強ではなく、自分の強みを伸ばすことです。
得点を伸ばせそうな科目、単元に注目してそれを磨き上げる、といった戦略のほうがモチベーションも上がり、自信もつくからです。
もちろん弱点を埋めることも大切なのですが、それで自信をなくしてしまっては元も子もありませんね。
ですから冬からは「伸ばせるところで点をとる」と割り切って、ある程度弱点には目をつぶるといった「割り切り」も必要になってきます。
その意味でも、ここからひと月は「弱点補強の最後の期間」と言えるわけです。
塾では志望校別の特訓授業、過去問演習などが勉強の中心になっています。
どんどん問題を解いて、その結果わかってくる「自分に不足していること」を補充していくような勉強ですね。
これを最大限利用し、冬期講習が始まるまでに1つでも多く弱点を発見し、それを穴埋めしていくことを意識しましょう。
ひとまずひと月、そうやって走ったら、いよいよ冬期講習です。
ひと月後に手応えを感じられるよう、演習をくり返していきましょう。
うちの子だけの合格マニュアル
  • 名門指導会 - 必ず結果を出す家庭教師集団
  • かしこい塾の使い方 - 中学受験に関する相談はこちらから
西村則康プロフィール

日本初の「塾ソムリエ」として、活躍中。
35年以上中学・高校受験指導一筋に行う。
コーチングの手法を取り入れ、親を巻き込んで子供が心底やる気になる付加価値の高い指導が評判である。

西村則康 写真

セミナー・講演会

▼2019年10 月11日(金)

淑徳与野幼稚園が主催する講演会「父母講座 我が子への根拠の無い信頼の大切さ」にて、講師を担当させていただきました。

▼2019年3 月2日(土)

マイナビ家庭教師・「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」・名門指導会が共催するセミナー「6年間を成績上位で過ごすための新中1スタートアップセミナー」にて、講師を担当させていただきました。

▼2019年2月21日(木)

「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」・名門指導会が共催するセミナー「2019年入試分析からみる2020年入試対策」にて、講師を担当させていただきました。

▼2018年10月25日(木)

東京都市大学付属小学校主催の文化講演会にて「中学受験―結果につながる 家庭学習&塾の活用法 〜日常生活の延長線上での受験〜」、というテーマで登壇させていただきました。

過去のコラム一覧

Copyright © 塾ソムリエAll Rights Reserved.