MENU

中学受験の塾選びをフルサポートする塾ソムリエ西村則康のホームページ

塾ソムリエ西村則康
TOP →  コラム →  小4・小5 次年度を考える(関西限定版)

コラム

小4・小5 次年度を考える(関西限定版)

2013年11月15日 13:32

いよいよ本格的に寒くなってきましたね。受験直前といった緊張感にあふれる季節です。

4,5年生のお子様をお持ちの方々は、次年度を予定する時期ですね。

このところ、名門指導会にも次の学年を先取りしたご相談が増えています。

今回は、その中からいくつかご紹介しましょう。

特に西村代表のTV出演以来、指導のご希望が殺到しています。この点にも触れておきますから要チェックですよ。

・今すぐ指導を受けたいのですが・・・

残念ながら、西村にのみならず名門指導会の指導者は受験直前のこの時期、予約でいっぱいの状態です。

お問い合わせくださった方には申し訳ありませんが、ご希望に沿った日時での指導をご提供できない状況なのです。

受験を目前に控えたお子様にはお勧めできませんが、4年生、5年生のお子様には時間調整のうえ受講していただいています。

実は名門指導会では新年度のご予定を例年、11月から12月にお伺いをしています。

これから名門指導会で受験準備を考えておられるお子様には、今が新年度の受講枠確保のタイミングなのです。

小6受験生は12月半ばの塾の直前特訓の開講によって、受講時間に変更が起こります。

ですから、11月にはご希望に添えなくとも、12月にはご希望のお時間で受講いただく方も多数いらっしゃいます。

そして1月にはご希望のお時間の確保が可能になり、新年度の時間割となる2月以降のご相談が可能です。


・塾の拘束時間が長くなり不安です。

各塾で新年度に向けた説明会が催されています。

説明会資料見ると、学年が上がると拘束時間が増えていることが多いようです。

すでに宿題消化に一杯いっぱいになっている我が子を見てのご不安はもっともです。

こんな時には、講座の選択をお勧めしています。

先日のご相談でも、「希学園で最高レベル特訓と実戦レベル特訓を取ろうと思います。」とおっしゃるお母様がいらっしゃいました。

実戦レベル特訓は最高レベル特訓を取る資格に達しなかった場合に代替として受講する講座です。

両方取れば時間が足りなくなるのは当然です。

これは極端な例ですが、本当に最高レベル特訓を取る価値があるかなど、検討の余地は十分にあると思います。

お子様の受験に役立つ講座かどうか、今受講することが充実した受験勉強となるのかどうか、

ぜひ受験のプロにご相談になることをお勧めします。

実は受験の現場では、「あの子は最レはずしたいね。」なんて会話が日常的に行われているのですから。

・6年生の受講講座の検討

各塾ともに6年生では、志望校別特訓が開講されます。

日能研は、灘特クラス、選抜クラスは特化されて、特進クラスには日曜志望校別特訓が用意されます。

よくあるご質問は、志望校が灘中や選抜クラスの対象校ではないが、参加した方が良いかというものです。

例えば、甲陽志望だが灘特クラスに、六甲志望だが甲陽選抜に参加しておく方が安全かということです。

これはよく検討する必要があります。

甲陽選抜ではかなり難解な問題にチャレンジしますが、六甲受験には全く必要のない内容が盛りだくさんです。

余裕があれば良いのですが、多くの場合はそうではないようです。

一方、甲陽志望の方が夏休みまで灘特クラスで受講されるケースはよく見られます。

灘特クラスでも夏休み前には甲陽過去問を演習するので合理的と言えるでしょう。

希学園では開講時から対象校の過去問を意識した学習を行うので、志望校が対象となるコースへの参加が理想的です。

また、浜学園は上半期には志望校別特訓が実施されず、日曜錬成コースとして開講されます。

これは受験校に的を絞った学習ではないので、ご自身で過去問の消化を進められる方が効果的でしょう。

馬渕教室は一部の超有名校以外、日志望校別特訓は各校4回ずつのあっさりしたものになっています。

徹底した傾向対策にはなり得ないので自衛策が求められます。

塾側からは複数の志望校別特訓に参加を求められますが、効果はあまり期待できないようです。


さて、受験生ならずともいろいろと悩ましい時期です。

同時に次学年を成功させるための助走の時期でもあります。

お困りのことがあれば、いつでもご相談お待ちしていますね。

 

(都関)

  • 名門指導会 - 必ず結果を出す家庭教師集団
  • かしこい塾の使い方 - 中学受験に関する相談はこちらから
西村則康プロフィール

日本初の「塾ソムリエ」として、活躍中。
30年以上中学・高校受験指導一筋に行う。
コーチングの手法を取り入れ、親を巻き込んで子供が心底やる気になる付加価値の高い指導が評判である。

西村則康 写真

セミナー・講演会

▼2017年11月29日(水)

「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」が主宰するセミナー「正しい家庭教師の選び方」にて、講師を担当させていただきました。

▼2017年11月25日(土)

日経DUALが主宰するセミナー「自分から勉強する本当にできる子の育て方と子どもの才能を引き出す部屋づくり」にて、講師を担当させていただきました。

▼2017年7月31日(月)

聖徳学園小学校で開催された「第31回 知能教育夏期セミナー」にて、講師を担当させていただきました。

Copyright © 塾ソムリエAll Rights Reserved.