MENU

中学受験の塾選びをフルサポートする塾ソムリエ西村則康のホームページ

塾ソムリエ西村則康
TOP →  コラム →  ご相談コーナー →  日能研 →  夏まで2か月、日々の復習の工夫が大きな差になります

コラム

夏まで2か月、日々の復習の工夫が大きな差になります

2019年5月13日 14:47

ゴールデンウィークが終わって、サピックスの5年生はマンスリーテストが行われましたね。
10連休のあとのテスト、連休の過ごし方によっても結果は様々だったのではないかと思います。
私が主宰する家庭教師「名門指導会」の先生方も連休中、多くのお子さんの指導にあたってくれていました。
お子さんの受験を控えたご家庭、特に6年生のお子さんがいるご家庭では「連休どころではない」という気分が家に充満している、というケースも多いものです。
塾によってはイベントや特訓授業などもあったかと思います。
さすがに10日間の休み、オンとオフのバランスを調整するのが難しかったかもしれませんね。
■ノンストップの2か月間です
7月の夏休みまで、祝日などがなく単調な日々が続きます。
お子さんそれぞれの学年での学習も佳境に進み、難度も高くなっていきますね。
ここからの2か月間は、特に毎週の学習サイクルに気をつけていただきたいと思います。
「消化不良」の単元が残らないよう、あるいは残ってしまったらそれがどの単元なのかを把握しておくよう意識する必要があります。
「夏期講習は総復習」という塾(日能研などが代表的)では、ある程度の積み残しは講習会で解決できる可能性があります。
しかしサピックスのように「進み続ける」カリキュラムの塾(関西の馬渕教室なども同じ)では、一度わからなくなった単元を挽回するのが極端に難しいのが現実です。
毎週の授業の理解度をしっかり把握しながら進んでいきたいものですね。
■復習としての「家庭内ミニ授業」を
私はこれまでさまざまな書籍やメディアなどで「塾の復習と宿題は違う」ということをお伝えしてきました。
塾で授業を受けたら宿題をして復習をする、あるいは宿題をすることが授業の復習になる、と思っているお子さん、親御さんが多いのですが、授業の復習と宿題は別物と考えていただきたいのです。
復習とは、その週の授業でどんなことを習ったか、何がポイントだったのかなどを思い出すこと。
これは、特に問題を解いたりしなくてもできることです。
たとえば塾でとったノートを見返しながら「このとき先生はどんなことが大切って言ってた?」「そもそもこういう解き方、考え方をするのはどうしてなんだろうね?」「今日の授業でいちばん大切なポイントって、先生は何だって言ってた?」といったことを思い出し、反芻するのです。
お子さん一人でもできなくはないですが、ぜひ上記のように親御さんが質問を投げかけて上げてほしいと思います。
お子さんに授業の内容を再現してもらい、親御さんが教えてもらうのです。
このとき、親御さんが「教えてあげる」というスタンスではなく、できれば「できの悪い生徒」としてお子さんに教えてもらうのがポイントです。
これを私は「家庭内ミニ授業」と呼んでいて、これまでさまざまなご家庭におすすめして実行してもらっています。
誰かに伝わるように説明するには、説明する本人がしっかり理解していなければできません。
またわかっているつもりでも、いざ説明しようとするとわかっていなかったことに気づけることもあります。
このような効果がある「家庭内ミニ授業」ぜひ試してみていただきたいと思います。
夏までの2か月間、ともすれば単調に感じてしまいがちですが、毎週の復習に工夫をこらしてみてください。
ただなんとなく過ごしてしまうのとは、全く違った結果が待っているはずです。 
  • 名門指導会 - 必ず結果を出す家庭教師集団
  • かしこい塾の使い方 - 中学受験に関する相談はこちらから
西村則康プロフィール

日本初の「塾ソムリエ」として、活躍中。
35年以上中学・高校受験指導一筋に行う。
コーチングの手法を取り入れ、親を巻き込んで子供が心底やる気になる付加価値の高い指導が評判である。

西村則康 写真

セミナー・講演会

▼2019年3 月2日(土)

マイナビ家庭教師・「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」・名門指導会が共催するセミナー「6年間を成績上位で過ごすための新中1スタートアップセミナー」にて、講師を担当させていただきました。

▼2019年2月21日(木)

「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」・名門指導会が共催するセミナー「2019年入試分析からみる2020年入試対策」にて、講師を担当させていただきました。

▼2018年10月25日(木)

東京都市大学付属小学校主催の文化講演会にて「中学受験―結果につながる 家庭学習&塾の活用法 〜日常生活の延長線上での受験〜」、というテーマで登壇させていただきました。

過去のコラム一覧

Copyright © 塾ソムリエAll Rights Reserved.