MENU

中学受験の塾選びをフルサポートする塾ソムリエ西村則康のホームページ

塾ソムリエ西村則康
TOP →  コラム →  ご相談コーナー →  なぜ偏差値が50そこそこから上がらないか/少人数相談会@東京・大阪のお知らせ

コラム

なぜ偏差値が50そこそこから上がらないか/少人数相談会@東京・大阪のお知らせ

2018年9月24日 17:06

この時期に限らないのですが「偏差値が50そこそこ(あるいはもっと低いところ)から上がりません」というご相談が多くあります。
そんなご家庭、お子さんには共通点があるように思います。
■なぜ偏差値が50そこそこから上がらないのか
学年の後半、お子さんにも親御さんにも「こんなにやっているのにどうして成績が上がらないの?」という思いがあるご家庭は多いと思います。
毎週の通塾や大量の宿題、休日を潰してのテストにその解き直し・・・
そんな過酷な毎日を必死でがんばっているのに、成績が上がらない・・・。
そんな状況が続くと、親子ともモチベーションが下がってしまいます。
塾の授業がわかってないわけではなさそうなのに、なかなか成績が上がらない。
そんなお子さんの共通点のひとつが「やらされ感がある」ということです。
勉強しなくちゃいけないのはわかっている。
でも、次から次へと「やるべきこと」があって、取りかかるのにも「よいしょ」とかけ声がいるくらいの気分、といえばいいでしょうか。
■宿題はひと通りやっているけど・・・
塾の授業がわからないわけではなく、宿題もひと通りやっているけど・・・というお子さんは、まずは「図をかいているか」を確認してみてください。
問題を解くための図を理解しているということと、自分で正しく図をかけるということは、まったく別のことです。
偏差値が50くらいから伸び悩むお子さんは、理解力はあっても「自分で手を動かす」という習慣がないことが多いのです。
逆に言えば、自分で手を動かす習慣をつけるだけで、急に成績が上がるお子さんも多いのです。
■成績を上げるための勉強法をお伝えする相談会を東京・大阪で開催します。
勉強法を変える、とひとことで言っても、実際に変えるのはけっこう大変なことです。
「図をかきなさい」と言うだけでは、なかなか書くようになってはくれません。
なぜかかないのか、その理由は様々ですが、多くの場合は「こんなにやることがあって大変なのに、図をかいている暇なんてない」という「気分」のようなものです。
実際にお子さんの行動を変えるには、やるべきこととそうでないことを取捨選択し、「今はがんばらなくていいこと」を省いてあげることが必要です。
その上で、成績が上がる勉強法を今一度お子さんにインストールしてあげる必要があるのです。
10月3日と4日、東京都大阪で、その具体的な方法をお伝えする少人数の相談会を開催します。
お子さんの成績が伸び悩んでいるという方は、ぜひご参加ください。
(先着順受付です)
少人数相談会「秋の勉強を確実に成績につなげるために必要なこと」
【東京渋谷】

https://zadankaie-3.peatix.com

【大阪梅田】
https://zadankaiw-4.peatix.com
(各限定6名・参加費5000円)
  • 名門指導会 - 必ず結果を出す家庭教師集団
  • かしこい塾の使い方 - 中学受験に関する相談はこちらから
西村則康プロフィール

日本初の「塾ソムリエ」として、活躍中。
30年以上中学・高校受験指導一筋に行う。
コーチングの手法を取り入れ、親を巻き込んで子供が心底やる気になる付加価値の高い指導が評判である。

西村則康 写真

セミナー・講演会

▼2018年10 月25日(木)

東京都市大学付属小学校主催の文化講演会にて「中学受験―結果につながる 家庭学習&塾の活用法 〜日常生活の延長線上での受験〜」、というテーマで登壇させていただきました。

▼2018年6 月15日(金)

マイナビ家庭教師・「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」・名門指導会が共催するセミナー「夏を上手に乗り越えて、塾の成績を上げるための無料セミナー」にて、講師を担当させていただきました。

▼2018年5月19日(土)

総合芸能学院テアトルアカデミー・「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」が共催するセミナー「習いごと・レッスンと中学受験成功を両立させるためにできること」にて、講師を担当させていただきました。

過去のコラム一覧

Copyright © 塾ソムリエAll Rights Reserved.