カテゴリー: 甲陽学院

【関西】希学園 合否判定テストとテキスト、入試問題の関係とは

皆さん、こんにちは。 

塾ソムリエ西村が主催する名門指導会において、関西エリア統括を担当している都関です。 

西村のコラムページの場を借りて、関西の情報をお伝えしています。 

 

■6月に行われる6年生対象の特別なテスト 

5月のゴールデンウィーク中には、6年生を対象に「第2回 灘中オープン模試」(浜学園)や「第1回 プレ灘中入試」(希学園)などの学校別テストが実施され、2022年度の中学入試に向けた意識がより高まったことと思いますが、6月にも公開テスト以外の大きなテストが予定されています。 

 

それが「第2回 合否判定学力テスト」(浜学園 6月27日実施予定)や「第2回 合否判定テスト」(希学園 6月27日実施予定)です。 

これらのテストを受けると、志望校について「合格判定(希学園の場合;A~Eの4段階)」がでます。 

 

ですから、6年生にとってこの合否判定テストの結果はとても気になると思います。 

そこで、このテストについてもう少し詳しく見ていきます。 

 

 

■希学園の「小6 第2回 合否判定テスト」の出題範囲とその対策 

 

次の表は、2019年と2020年の6月に行われた希学園の合否判定テスト(第2回)の出題範囲をまとめたものです。 

直近の2年に限っていえば、問題1の1行問題を含め、平面図形からの出題が目立ちます。

出題範囲 

2020年度 

2019年度 

数の計算 

1-(1)(2) 

1-(1)(2) 

数の性質 

単位と量 

1-(3) 

1-(3) 

割合 

1-(5)(6)2

速さ 

2量の関係 

平面図形 

1-(5)(6)(7)(8)4

1-(7)(8)3

立体図形 

文章題 

1-(4)

1-(4) 

その他 

 

6年生は5月の中旬からベーシックで平面図形の学習をしてきていますので、No.12以降の復習テストの結果がよくなかったお子さんはその振り返りをしておくとよさそうです。 

実際に合否判定テストの1・2枚目の問題とそれに関連するベーシックの問題を見てみましょう。 

 

 

2020年「小6 第2回 合否判定テスト」より 

 7 右の図で、●は半円の弧を5等分する点です。このとき、xの角度は度です。 

 

ベーシックNo.12-A問題より(問題文を一部変えています) 

右の図は、点Oを中心とする円で、図の●は円周の12等分点です。このとき、xの角度は何度ですか。 

 

 

2020年「小6 第2回 合否判定テスト」より 

 右の図は、直角三角形ABCの辺AB上に点D、辺BC上に点Eをとり、直線CD、AEを引いたものです。直線の交点をFとします。 

(1)DFとFCの長さの比を最も簡単な整数の比で答えなさい。 

(2)四角形BEFDの面積は何cmですか。 

 

  

ベーシックNo.4-類題より 

右の図で、三角形ABCの面積は87cm、BE:EC=32、AF:FC=43です。このとき、次の問いに答えなさい。 

1)三角形ABGと三角形BCGと三角形ACGの面積の比はいくらですか。 

2)AD:DBはいくらですか。 

3)BG:GFはいくらですか。 

4)三角形GECの面積は何cmですか。 

 

このように、合否判定テストの1・2枚目で出された問題とベーシックで学んだ問題には似たものがありますので、No.12以降の復習テストが悪かった場合は、ベーシックの例題やA問題から確認しておきましょう。 

合否判定テストで出された難度の高い問題の対策 

合否判定テストでは上記のようにベーシックで習った問題の他、テストの3枚目ではより難度の高い問題も出されています。 

 

 

2020年「小6 第2回 合否判定テスト」より 

 右の図のように、長方形の内部に4本の直線AG、AH、DE、DFを引きました。E、Hは辺AB、DCのちょうどまん中の点です。この4本の直線に囲まれた四角形IJKLの面積は135cmです。 

1)JとLを結ぶ直線の長さは何cmですか。 

(2)辺ABの長さは何cmですか。 

 

この問題は補助線を自分で見つけて解く「相似完成」がテーマですが、このようなレベルの高いものは5年生の最高レベル演習で少し触れる機会があっただけではないかと思います。 

あるいは、有名中学校の過去問演習をすでに始めていると、類題を解いた経験があるかもしれません。 

 

 

小5最高レベル演習No.33より 

1辺4cmの正方形ABCDがあります。AE=2cm、CF=1cmのとき、網目部分の面積は何cですか。 

 

 

甲陽学院中学校 1994年入試 第2日より 

(1) 一辺の長さが12cmの正方形ABCDの辺AB、CDのまん中の点をそれぞれE、Fとし、ACとEF、ACとBF、BFとECの交点をそれぞれG、H、Iとするとき、四角形EIHGの面積は  cmです。 

 

合否判定テストの3枚目で出されたこの問題は、ベーシックとの関連性が強かった1枚目の問題と異なり、最高レベル演習などを含め、これまで学んできたこととの関係を自分で見つけ、身につけている解法を選択し、正解までたどりつくことを求めるものです。 

 

このことは平面図形だけに限らず、速さや立体図形など他の分野の場合も同様です。 

希学園の合否判定テストは1・2枚目が基礎から中級レベルの問題、3枚目が応用レベル問題という構成です。 

 

「小6 第2回 合否判定テスト」まであまり時間はありませんが、「最難関」とよばれる中学校を目標としているお子さんはベーシックより高いレベルで、最難関中以外が第一志望のときは6年生のベーシックを中心に、それぞれが目指す学校のA判定を獲得するための準備ができればいいなと思います。 

【関西】今からでも間に合う志望校別特訓の受講資格について

皆さん、こんにちは。

塾ソムリエ西村が主催する名門指導会において、関西エリア統括を担当している都関です。

西村のコラムページの場を借りて、関西の情報をお伝えしています。

6年生の志望校別対策講座はいつから?

塾での6年生がスタートして、はや3ヶ月が過ぎました。

これまで、「第1回合否判定テスト」、「第1回プレ灘中入試」、「第1回プレ甲陽学院中入試」、「第1回プレ星光・洛星・六甲・西大和中入試」、「第1回プレ神戸女学院・四天王寺中入試」(以上、希学園)、「第1回・第2回灘中オープン模試」、「第1回合否判定学力テスト」、「第1回女子最難関中オープン模試」(以上、浜学園)など、中学校の名前をつけた「冠テスト」や「合否判定」という6年生にとってはとても気になる名称のテストが行われてきました。

また、これらのテストのほかにも、「灘中合格特訓」(浜学園)や「志望校別特訓 コース別特別講座」(希学園)なども実施され、初夏にして、はやくも受験モード全開といった感があります。

しかし、実際問題として、志望校別の本格的な対策講座はいつから始まるのでしょうか。

大手進学塾の場合、志望校別対策の中心となる講座として「日曜志望校別特訓」(浜学園)や「志望校別特訓」(希学園)が準備されています。

希学園「志望校別特訓(第期)」の受講は57月の公開テストの成績で決定

このうち、希学園の「志望校別特訓」は6年生の1年間を通して開講されており、すでに2月から第期がスタートしています。

 

 第Ⅰ期 

 第Ⅱ期 

 第Ⅲ期 

 第Ⅳ期 

 実施期間 

 2月~4 

 5月~7 

 8月~10 

 11月~ 

とはいっても、一部のコースを除くと、第期は「徹底した基礎固め」(2021年春 入試実績報告会資料より)が中心となりますから、本格的な志望校対策が行われるのは8月からです。

しかし、この第期の志望校別特訓を受講するためには、各コースに設定された「コース在籍下限値」をクリアすることが原則として必要になります。

この「コース在籍下限値」は灘コースを除き、第期は57月の公開テストの平均偏差値となっていますので、これからの3ヶ月間の公開テストの成績がとても重要になってきます。

浜学園「日曜志望校別特訓」の開講時期と受講基準

では、浜学園の「日曜志望校別特訓」はどのようになっているのでしょうか。

日曜志望校別 

特訓コース 

主眼校 

受講基準 

M灘コース 

灘・東大寺・洛南高附属・西大和 

62 

男子最難関コース 

灘・東大寺・洛南高附属・西大和・甲陽・星光・洛星 

56 

女子最難関コース 

神戸女学院・西大和・洛南高附属・須磨学園・清風南海・四天王寺(医志・英数Ⅱ)・高槻 

55 

男女難関コース 

六甲・関西学院・神戸海星・清風・明星・大谷(大阪)・同志社香里・関大系列 ほか 

受講基準なし 

(※浜学園 20193月配付資料より)

浜学園の「日曜志望校別特訓」は6年生の後半となる7月から開講されますが、ここで気をつけておきたいことは、78月期の「日曜志望校別特訓」が夏期講習と連動している点です。

例えば、夏期講習を男子最難関コースで受講するためには、「日曜志望校別特訓」の受講コースも男子最難関コースであることが必要になります。

その「受講基準」を決めるテストは、次のようになっています。

上記のテストのうち、どれか1回のテストの偏差値が「受講基準」をクリアすればよいのですが、テストの開催日程を見ますと、4月の公開学力テストや合否判定学力テストはすでに終わっていますし、5月の公開学力テストも実施予定日が59日ですから準備期間がほとんどないように思われます。

 

対象となるテスト 

実施予定日 

日曜志望校別特訓 

78月期) 

577回 公開学力テスト 

411 

1回 合否判定学力テスト 

425 

578回 公開学力テスト 

509 

もし、この5月の公開学力テストでも「受講基準」を満たすことができないと、「受験の天王山」とも言われる夏期講習も希望のコースで受講することができなくなってしまいます。

今からでも間に合います

しかし、そのような場合を想定してか、浜学園には2つの『救済策』が用意されています。

ひとつは上記の偏差値が「基準」であって「資格」ではないということです。

「受講基準」は、「志望校に対する最低限度の努力目標と各コースの最低限度の授業レベルを示すもの」と配付された資料に書かれていますから、偏差値が基準に達していなくても希望すれば受講することは可能です。

もうひとつは、「各時期の途中の月であっても受講資格が取得できた時点で、希望のコースへ移籍することができます」(同資料)というものです。

つまり、これまでの「公開学力テスト」や「合否判定学力テスト」で、受講したいコースの偏差値を獲得できていない場合でも、6月の公開学力テストで受講基準をクリアできれば、7月から始まる「日曜志望校別特訓」や「夏期講習」の受講が可能になるということです。

希学園の「志望校別特訓 第期」の「コース在籍下限値」を決めるテストも、浜学園の「日曜志望校別特訓」と夏期講習の「受講基準」を決めるテストも、まだ残されています。

もし、現時点で希望するコースの偏差値をクリアできていない場合でも、これからのテストに向けて課題を整理し、それらを解消していけば間に合います。

何が課題かわからない、成績を伸ばすための学習がわからないようでしたら、お通いの塾で教育相談をお受けになられてみてください。

お時間がなかなかとれないという場合には、名門指導会でも電話でご相談を承ることができます。

いずれにしてもできるだけ早めに準備を開始して、志望校に一歩でも二歩でも近づいていきましょう。

【関西】2021年度の関西エリアの男子難関中の受験状況

皆さん、こんにちは。

塾ソムリエ西村が主催する名門指導会において、関西エリア統括を担当している都関です。

西村のコラムページの場を借りて、関西の情報をお伝えしています。

■2021年度の関西エリアの中学入試①…受験状況

今回は、関西エリアで行われた2021年度の中学入試について、お知らせしていきたいと思います。

はじめに、学校より公開されている男子難関中の受験状況を見ていきます。

学校名

2021年度

2020年度

募集人数

受験者数

合格者数

実質倍率

募集人数

受験者数

合格者数

実質倍率

180

650

227

2.86倍

180

762

256

2.98倍

東大寺学園

200

869

402

2.16倍

176

909

361

2.52倍

大阪星光学院

190

703

278

2.53倍

190

695

297

2.34倍

甲陽学院

200

380

215

1.77倍

200

383

217

1.76倍

洛星(前期)

180

396

254

1.56倍

180

448

264

1.70倍

合計

950

2998

1376

926

3197

1395

※東大寺学園中は高校からの募集停止に伴い、募集人数が2020年度よりも増加しています。

上記の表のように、関西エリア2府2県の男子難関中学校の受験者数は、大阪星光学院中を除くと2020年度よりも減少しており、実質倍率も概ね下がって、やや「広き門」となっています。

■2021年度の関西エリアの中学入試②…得点状況

次に、科目別の得点状況を、同じく学校より公開されたデータで見ていきます。

下記は、合格者の科目別合格者平均点(※洛星中のみ受験者平均点)を2020年度と比較したものです。

合格者平均

国語1

80点

国語2

120点

算数1

100点

算数2

100点

理科

100点

合計

500点

2021年度

63.2

78.0

83.0

67.8

76.5

368.5

2020年度

58.1

79.9

72.0

71.2

66.7

347.9

東大寺学園

四科合格者平均

国語

100点

算数

100点

理科

100点

社会

100点

合計

400点

2021年度

66.1

61.6

68.2

73.3

271.4

2020年度

62.8

64.4

72.5

69.7

272.6

東大寺学園

三科合格者平均

国語

100点

算数

100点

理科

100点

合計

300点×4/3

2021年度

66.2

75.0

71.0

283.0

2020年度

61.8

75.1

74.8

282.2

大阪星光学院

合格者平均

国語

120点

算数

120点

理科

80点

社会

80点

合計

400点

2021年度

75.9

99.8

66.5

62.5

306.9

2020年度

79.6

82.2

58.8

63.5

285.3

甲陽学院

合格者平均

国語1・国語2

100点・100点

算数1・算数2

100点・100点

理科

100点

合計

500点

2021年度

116.2

143.8

56.4

316.4

2020年度

133.5

129.0

58.6

321.1

洛星(前期)

受験者平均

国語

120点

算数

120点

理科

100点

社会

100点

合計

440点

2021年度

70.7

68.4

71.1

74.2

281.4

2020年度

66.8

78.3

64.3

78.8

実質倍率は全体的に少し低くなったのですが、合格者平均点を見てみますと、灘中で20.6点、大阪星光学院中で21.6点と大幅に上昇している学校があります。

その内訳は、灘中の場合は、国語が3.2点、算数が7.6点、理科が9.8点と各科目で上昇しており、大阪星光学院中の場合は、国語が3.7点、社会も1点と合格者平均点が下がっていますが、算数は17.6点、理科も7.7点と大きく上がっています。

また、合格者平均点が前年よりも下がった甲陽学院中ですが、科目別でみると、算数の合格者平均点は14.8点と、これも大きく上昇しています。

実質倍率は下がりましたが、算数や理科の点数を伸ばしていく必要があるという点からは、受験生にとって厳しい入試であったことに違いはなさそうです。

■2022年度の入試に向けて

2021年度の中学入試では、昨年来の新型コロナウイルスの影響で小学校が一時休校となったことをうけてでしょうか、難関中の算数が、灘中をはじめとして、比較的解きやすい問題が多かったように感じました。

(令和3年度 灘中学校 入学試験問題 算数 第1日 より)

2 3つの容器A、B、Cにあわせて600mLの水が入っています。容器Bの水の体積は容器Aの水の体積の1.5倍です。容器Aから容器Bに水を40mL移すと、容器Bの水の体積は容器Cの水の体積の1.4倍になりました。水を移したあとの容器Bの水の体積は( )mLです。

12 ある立体の展開図を、幅が3cmの方眼紙にかくと、下の図の太線のようになりました。斜線をつけた三角形は正三角形です。また、正方形でない四角形の面はすべて長方形です。この立体の体積は( )cm3です。

灘中の場合、2021年度入試では上記のような取り組みやすい問題が出されたことや、直近3年間の算数1の合格者平均点が、2019年度の49.8点から、2020年度は72.0点、2021年度は83.0点と、2年連続して上昇していることを考えると、2022年度入試では算数の入試問題が難化する可能性が十分に考えられます。

大阪星光学院中も、算数の合格者平均点が、2017年度に87.4点、2018年度に88.3点と続けて上昇した翌年の2019年度では、74.8点と大幅に下がりました。

その後、2020年度に82.2点、そして今年が99.8点と上昇しましたので、2022年度の入試で再び合格者平均点が低くなる可能性があります。

ですから、新型コロナウイルスやその変異株が小学校などの学校教育にどのような影響を及ぼすのか、今の段階では予測がつきませんが、2020年の夏以降のように休校という事態がおこらない(そうあって欲しいと心より願っています)場合のことも見すえ、2022年度の受験生はこの2月から十分に対策を講じておくことが望ましいといえます。

COPYRIGHT@西村則康公式サイト