MENU

中学受験の塾選びをフルサポートする塾ソムリエ西村則康のホームページ

塾ソムリエ西村則康
TOP → コラム → 2017年3月

コラム

2017年3月

1

この春、お子さんとやってほしいこと

■4年生には何をさせればいいですか? 表題のような質問を受けることが多くなっています。 4年生から塾に通わせ始めたものの、意外に「空き時間」が多く、「何をさせればいいですか?」となるようです。 塾の復習や宿題の空き時間に何をさせればいいかは、お子さんそれぞれです。 しかし「しないでいいですよ」とお

春休みは学習サイクルの見直しを

■塾のある学習リズムがつかめていないのなら 春休みですね。 塾では春期講習などもあると思いますが、ご家庭なりに「やっておきたいこと」に手をつけるチャンスです。 2月に新しい学年を迎えて2か月。 たとえばこの2月、塾の新年度時から通塾を始めた場合は、「塾のある一週間」のサイクルがきちんとできたかを検証

サピックス組分けテストで点を取れるようにする対策は?

3月12日、サピックスで「3月度組分けテスト」が行われました。 サピックスの組分けテストというと、その前後にご相談などが集中するテストです。   ■塾に通わせているのに、力がついていない?   「範囲が決まっているマンスリーテストでは点が取れるのに、組分けテストのような実力テストでは点が取れません。

解くこと自体がアクティブラーニング!?2017中学入試問題から感じたこと

2017年の入試について、主宰する家庭教師の名門指導会の講師と振り返る機会がありました。 ざっくりと言ってしまえは、いわゆる難関校、名門校と呼ばれるところは例年通り。 開成は開成らしく、麻布は麻布らしいテストでした。 「アクティブラーニング」という言葉が叫ばれ、やや一人歩きしているようなところもあ

うまくいっていなのなら「取捨選択」を

うまくいっていないのなら「取捨選択」を  ■年度を通して多いご相談は・・・  年度を通して多いのは「がんばって宿題をしているのに成績が上がらない」というものです。  このお悩みには、学習塾の過剰ともいえる「サービス」も関係していると思っています。  入試、特に難関校の入試には、毎年「初見」の問題が数
1
  • 名門指導会 - 必ず結果を出す家庭教師集団
  • かしこい塾の使い方 - 中学受験に関する相談はこちらから
西村則康プロフィール

日本初の「塾ソムリエ」として、活躍中。
30年以上中学・高校受験指導一筋に行う。
コーチングの手法を取り入れ、親を巻き込んで子供が心底やる気になる付加価値の高い指導が評判である。

西村則康 写真

セミナー・講演会

▼2018年6 月15日(金)

マイナビ家庭教師・「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」・名門指導会が共催するセミナー「夏を上手に乗り越えて、塾の成績を上げるための無料セミナー」にて、講師を担当させていただきました。

▼2018年5月19日(土)

総合芸能学院テアトルアカデミー・「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」が共催するセミナー「習いごと・レッスンと中学受験成功を両立させるためにできること」にて、講師を担当させていただきました。

▼2018年4月14日(土)

日本経済新聞社が主催するセミナー「「受験」で成功を収めるために!日経Wアカデミー「親御様のための中学受験スクール」」にて、講師を担当させていただきました。

過去のコラム一覧

Copyright © 塾ソムリエAll Rights Reserved.