MENU

中学受験の塾選びをフルサポートする塾ソムリエ西村則康のホームページ

塾ソムリエ西村則康
TOP → コラム → 2014年6月

コラム

2014年6月

1

小4生 今の学習習慣が今後の伸びを左右する part 2

小4生 応用学習の大切さ 進学塾に入るのは、新小4生になる時期(小3の2月)からが良いと言い続けています。 その理由は2つあります。 (1つ目) 進学塾のカリキュラムが本格的に始まるからです。 大手を始め、地域密着型の小中塾でも中学受験を中心に授業を行っている進学塾では、 小4から小

小4生 今の学習習慣が今後の伸びを左右する part 1

各塾ともに、小4の授業が始まってから3回から4回の組み分けテストが終わった時期ですね。 順調に学習は進んでいますでしょうか。   受験勉強が本格的に始まって3ヶ月。この時期の学習方法がこれからの学習の基盤になります。 今回は、これから伸びる子にするための学習方法をお話ししていき

小6生 志望校別日曜特訓資格試験に向けて

このブログや教育雑誌や書籍の中で、「志望校別日曜特訓」が大切だとお話ししてきました。 この日曜特訓の資格判定テストが間近に迫っています。 この資格判定に向けての学習方法をお伝えしたいと思います。   1 あと何点を上げるのか。目標点数をイメージする。 入試もそうですが、点数が

「やる気階段」を作る声かけ

前回は、「やる気スイッチはない、やる気の階段作りが大切だ」というお話をさせていただきました。 今回は、その声かけの具体例です。 算数で後40点(150点満点で)上げなければいけない状態の時。 ※良くない例 (お母さん)「こんな点数で〇〇中学なんてとても無理ね。どうするつもりなの。
1
  • 名門指導会 - 必ず結果を出す家庭教師集団
  • かしこい塾の使い方 - 中学受験に関する相談はこちらから
西村則康プロフィール

日本初の「塾ソムリエ」として、活躍中。
30年以上中学・高校受験指導一筋に行う。
コーチングの手法を取り入れ、親を巻き込んで子供が心底やる気になる付加価値の高い指導が評判である。

西村則康 写真

セミナー・講演会

▼2017年7月31日(月)

聖徳学園小学校で開催された「第31回 知能教育夏期セミナー」にて、講師を担当させていただきました。

▼2017年2月18日(土)

日経BP社が主催するセミナー『自己管理できる中学受験生の育て方』にて、講師を担当させていただきました。

Copyright © 塾ソムリエAll Rights Reserved.