MENU

中学受験の塾選びをフルサポートする塾ソムリエ西村則康のホームページ

塾ソムリエ西村則康
TOP →  コラム →  学校対策コーナー →  小6 志望校の出題傾向 対策方法(1)

コラム

小6 志望校の出題傾向 対策方法(1)

2011年9月 8日 11:22

□志望校の過去問はいつからやれば良いのか?□
良く聞かれることです。
ところが、お子さんの今の学力(志望校に対しての)や問題傾向によって大きく異なってきますから、
一般論としてはお答えしにくいのです。

今回は、その学校特有の問題を出す学校の場合を書いていきましょう。

該当校は、開成・麻布・武蔵・桜蔭・女子学院・雙葉・渋幕・渋渋・海城・成城学園・学習院女子
などになります。
記述問題が多い、一問あたりの文字数が多い、試行錯誤を要求する、初見の問題が多い
という特徴のある学校や、計算が面倒、易しい問題と難しい問題のレベル差が大きいという
特徴の学校もあります。

このような学校を目指している場合には、早めの対策が重要になります。
9月中には、4教科の1年分をやっておくべきでしょう。今学習している内容やレベルと
どのように違うのかを体感するためです。

また、このような学校は、各塾で行われる志望校別日曜特訓の該当校になっている事が多いのです。
これらの学校の対策は、該当校の過去問を解くことだけで済ませることは出来ません。
そこで頼りになるのが、志望校別日曜特訓です。
全国の中学校で出題された類似問題をピックアップし、分析を行って、解き方や教え方を研究して、
対策問題のプリントは作られます。
講座によっては、10年~20年間ものストックがあるものもあります。

講師の側から考えてみると、この講座の担当になるということは、その塾の中で力量があると
認められたことになります。
進学塾が一番力を注いでいる講座を利用しないわけにはいきません。

さて、日曜特訓の授業の形態はどの塾でもほとんど同じです。
15分から20分かけて数問の演習をして、その解説に入ります。
それを数回繰り返して授業が終了します。
その授業の復習が2学期の学習の第1優先になるのですが、
復習のやり方が下手な子供が多いのです。

・過去数年間に出題された問題と同じ問題は出題されない。

・過去数年間に出題された問題と同じレベルの問題が出題される。

・過去数年間に出題された問題と同じ頭の使い方をする問題が出題される。

この3つをよく覚えておいてください。

復習する際に大切なことは、どのようにして解答の糸口を見つけたのかを確認することです。
算数なら、「状況図を書いた」のか、「ダイヤグラムを書いた」のか、「とりあえず数個をやってみた」のか・・・・・。それをやっているうちに何に気がついたのかに思いをはせることが大切なのです。
その問題そのものの解き方はあまり大切ではないのです。
上記の学校では、必ず初見の問題が出題されます。これまで解いたことがないような、
どの受験問題集にも掲載されていないようなものです。
このような問題が解けるかどうかは、その時に何に気がつくかにかかっています。
必要なことに気がつきやすい作業や頭の使い方を訓練してほしいのです。
 
もう一つあります。その学校特有の言い回しです。これらの学校の問題は、
これまで学習を進めてきた塾テキストの問題に比べて、格段に文字数が多いのです。
しかも必要な条件が順序よく並んでいるとは限りません。
大切なことは意外なところに隠れていること、に気づくことも大切な勉強です。
 
このような頭の使い方を学習させるために親御さんが協力できることは意外に少ないのです。
問題をお子さんと一緒に解き、お子さんが気づく前にその何倍ものことに気付くことができる
知識と経験が必要なことですから、難しいのです。
これまで、繰り返し学習で点数をあげてきたお子さまの場合は、その成功体験が邪魔をしてしまうことが
多いものですから要注意です。

もし、お子さんの得点力が志望校ギリギリか、または少しだけ下である場合は、
この際、本当に力がある第3者の協力をお考えください。
私たちも、時間の許す限り協力させていただきたいと考えています。

  • 名門指導会 - 必ず結果を出す家庭教師集団
  • かしこい塾の使い方 - 中学受験に関する相談はこちらから
西村則康プロフィール

日本初の「塾ソムリエ」として、活躍中。
30年以上中学・高校受験指導一筋に行う。
コーチングの手法を取り入れ、親を巻き込んで子供が心底やる気になる付加価値の高い指導が評判である。

西村則康 写真

セミナー・講演会

▼2018年6 月15日(金)

マイナビ家庭教師・「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」・名門指導会が共催するセミナー「夏を上手に乗り越えて、塾の成績を上げるための無料セミナー」にて、講師を担当させていただきました。

▼2018年5月19日(土)

総合芸能学院テアトルアカデミー・「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」が共催するセミナー「習いごと・レッスンと中学受験成功を両立させるためにできること」にて、講師を担当させていただきました。

▼2018年4月14日(土)

日本経済新聞社が主催するセミナー「「受験」で成功を収めるために!日経Wアカデミー「親御様のための中学受験スクール」」にて、講師を担当させていただきました。

過去のコラム一覧

Copyright © 塾ソムリエAll Rights Reserved.